場違い

溜め息混じりの煙を吐き出す。

周りを見渡すと、セレクトショップ、けやき通り、小洒落たカフェ、欧米人…

純粋に居場所がない。

駅前の喫煙所が唯一の避難所のように思えてくる。

ただ、残念ながら煙を吹かしに来る人達も、こぞってお洒落だ。
なにかがおかしいと思ったら、平日の昼間だってのに私服が多い。

そんなお洒落な服をヤニ臭くして大丈夫?
とこちらが気を使ってしまうほどだ。すこぶる居心地が悪い。

もはやどこまでが喫煙エリアなのか分からないほど人が溢れかえっている新宿西口の掃溜めのような喫煙所とは大違いだ。

ただ、今だけはあちらに行きたい。ここよりは落ち着く。

あと2分は吸えたであろう煙草の火を消すと、ひとりの青年がやってきた。

 

ーー「おはようございます」

僕はこれから、この青年と髪を切りに行かなければならない。

そう、ここ「表参道」で。

 

エンジニア・塙克樹

株式会社NOMALには、エンジニアがいる。

彼の名前は塙克樹。通称「はなわっち」だ。

 

おもにRemeのプログラミングを担当しているが、難しすぎてよく分からない。

おそらく「パソコンがすごい人」という認識で合っているだろう。

 

オフィスでは常に、黒い画面に浮かぶ無数の英数字と戦っている。

基本的には頭を掻きむしりながら悩んでいる後ろ姿しか見ない。

 

彼は早稲田大学を大学院まで進んだにもかかわらず、当時わずか社員3名の「どベンチャー」であるNOMALにインターンで来て、そのまま入社してしまった。

要するに「変わり者」だ。

そんな変わり者の彼と、髪を切るべくして表参道で待ち合わせをしたのだが…

ここでもう一度はなわっちを見ていただきたい。

(…ファッションの事をとやかく言える立場ではないけども、その格好はまずいだろ。首はよれよれ、チノパンもよれよれ。シャツに至っては片手隠れとるやないかい。どう考えてもサイズ感おかしくない?彼シャツなの?憧れの上司の部屋に泊まってしまった女性新入社員なの?あとショルダーバッグ長すぎるだろ…)

ひとしきり心の中で呟き終えたところで、もうひとりやってきた。

今回の「はなわっち改造計画」発起人、株式会社NOMAL社長の松本だ。

ことのきっかけ

そもそも、なぜにMr.無頓着であるはなわっちが表参道で髪を切ることになったのか。

話は1週間前、居酒屋での会話に遡る。

松本
いやぁ、はなわっちさ、ヤバイよね。

どうした急に

松本
今更だけど、Tシャツは常にヨレてるし、髪だって寝癖で来るし。

たしかに。そーいや昨日、はなわっちが髪切ろうとしたらしいんだけど、例の床屋が閉まってたんだってさ

松本
あー、あの12時から14時まで680円で髪切れるっていう謎の床屋

それそれw

 

はなわっちは、山崎まさよしくらい髪が伸びると、オフィスに来る途中にある謎の床屋で髪を切る。

店員さんにどう伝えているのか、いつもボウズが少し伸びた程度の髪型だ。

山崎まさよしから一転、かじったセロリのようになる。

 

5分ほどスマホをいじり終えた松本が口を開いた。

 

松本
はい、来週の水曜日、11時前に表参道集合

はっ?どうした急に

松本
はなわっちの髪を表参道で切ることにした。ついでにおまえもな

 

…まじかよ

表参道なんて行ったことないんだけど。ましてや美容室て。表参道の美容室て。

地元青森から上京して半年しか経ってない身としてはハードル高すぎない?

一回立川とか挟まない?大丈夫?

>>青森から上京してきた話はこちらから

はなわっちほどではないが、ぼくもそこそこ無頓着だ。

最後に髪を切ったのは3ヶ月ほど前だろうか。

に至っては伸び放題だ。

居酒屋での飲み放題なら女子大生から喜ばれるが、“髭の伸び放”は決して喜ばれない。

「飲み放」のように言ってみたところで、決して喜ばれない。

 

それにしても、いまの5分で塙っちに「髪切るの1週間我慢して」メールを送り、かつ表参道の美容室を予約しやがるなんて、デキる男は仕事が早い。

 

赤髪の美容師、現る

とある平日の水曜日。ここは表参道。

もさい男2人を引き連れた松本は、慣れた足取りで裏道へと進んでいく。

彼は90日に1度は髪を切るらしい。マメな男である。

 

今回お世話になる美容室は、表参道にあるEVOKE TOKYO(イヴォーク トーキョー)」。

緊張しながらもお店に入る。美容室に入るのなんて10年ぶりだ。

はなわっちは美容室に来たことがあるのか聞いてみたところ、

はなわっち
「小さい頃、親に連れられて来たことがあります、1度だけ」

と答えた。彼に至っては20年ぶりの美容室ということになる。

 

そうこうしていると、奥から鮮やかな赤い髪の男性がやってきた。

この方が、今回3人まとめて髪を切ってくれるという美容師の草薙さんだ。

事前に調べたところ、有名なスポーツ選手やモデル、アイドルなどが草薙さんに髪を切ってもらうために来店するらしい。

これが噂の「カリスマ美容師」ってやつか、初めて見た。

 

これは萎縮する。

 

さらに見た目は赤い髪、ゆるめのパンツには宝石の絵が散りばめられている。

表参道に着いて20分ほどしか経っていないが、明らかに今日イチのお洒落さんだ。

お洒落が行き過ぎてて眩しい。

 

完全に萎縮である。

 

松本
今日はよろしくお願いします

草薙さん
この子が例の子ね。で、どうする?

松本
草薙さんの好きにしてください!あとは、染めてやってください

染めることは前もって伝えてはいたが、やはり彼も緊張しているようだ。

なんか目が変な感じになってる。大丈夫だろうか。

シャンプーをしてもらっていると、僕の心配をよそに盛り上がっていた。

はなわっち
今度、彼女と遊ぶ時に驚かれないかな…

草薙さん
えー彼女いるの?見せて!

はなわっち
いや、無理です

草薙さん
違う違う、彼女の雰囲気に合わせて髪色とか髪型を決めたいからさ。好奇心とかじゃないんだよ

はなわっち
わかりました

 

あいつ、全く萎縮してないな。むしろ盛り上がってるし。

 

そして、さすが草薙さん。

髪色や髪型のイメージを決めるために自然な流れで彼女との2ショット写真を引きずり出している。

一流の美容師というのはコミュニケーションまでもが一流なんだと感心する。

 

 

感心している場合ではない。

 

はなわっち、彼女いたのかよ

 

代表松本の想いとは

軽くショックを受けていたせいだろうか。

気がつくと僕のカットは終わっていた。

いや、正確に言うと、草薙さんの手が速すぎた。

ほんの15分ほどで僕の3〜4ヶ月が毛束となって床に散らばっていた。頭が軽い。

 

松本も切り終えたらしく、草薙さんと何やらゴニョゴニョ話をしてから戻ってきたので、2人で彼の変身を待つ形となった。

しかしおまえも優しいやつだな、はなわっちをわざわざ美容室に連れてくるなんて

松本
はなわっちさ、NOMALで一番年下ってこともあるけど、固いじゃん?話すとき

まぁたしかに

松本
こんなに人数の少ない会社だから、もっとフレンドリーに話してもらいたいってのもあるわけよ

松本
外見が変われば内面も変わるかなって。昔の話を聞くと、けっこう塞ぎ込む性格で今まで生きてきたところもあるから。そう簡単には変わらないと思うけど、はなわっちのこれからが少しでも明るく、生きやすくなれば良いなって

なるほど

はなわっちが生まれ変わって、少しでも自分に期待できるような性格になれば良いなってことか。まさにNOMALのビジョンである“自分の人生に期待できる人を増やす”だな!

松本
うまいこと繋げなくていいわw

 

あとから聞いた話だが、はなわっちは昔、その真面目な性格から精神的に病んでしまったことがあるらしい。その経験もあって「Reme」に携わりたいとNOMALに入社した。

「Reme」とはNOMALの事業のひとつで、うつ病や発達障害など、さまざまな悩みを抱える人達がよりよく過ごすためのサポートをしている。

【Remeのお問い合わせはこちら】

>>https://reme-nomal.com/

 

変身

そうこうしていると、はなわっちが変身していた。

 

おぉ!!

 

iPhoneの力も借りてか、ふつうに格好良いな。

 

松本
良いじゃん!すごく良い!どんな気分?

はなわっち
なんか全然自分じゃないみたいです!頭も軽いしすごく良いです!

興奮気味だ。

松本
今の髪型しっかり覚えておけよ。彼女とデートする時にワックスでそのセットできるようにするんだぞ

はなわっち
それはかなり難易度が高いですね…

困っているのか喜んでいるのかよく分からない表情だ。

松本
はなわっち、放っておけばまた謎の床屋行っちゃうでしょ。だからNOMALの福利厚生としてイヴォークさんに来れるようにしたから

はなわっち
!!?

 

そりゃ驚くわ。

松本
他の社員も来てるし。さっき草薙さんと話して決めたわ

何やらゴニョゴニョ話をしていたのは、この事だったわけだ。

 

というわけで、株式会社NOMALでは福利厚生として「EVOKE TOKYO」さんでカットやカラー、トリートメントなどを会社負担で利用できるようになった。

社員はもちろん、社員の家族までが対象となっている。

ありがとう、はなわっち!

呼び起こされた感情

草薙さんやお店のスタッフの方々に挨拶をすませて店を出た。

髪を切ってもらう前と後では、気分もだいぶ変わっていた。

セレクトショップ、けやき通り、小洒落たカフェ、欧米人…

相変わらずお洒落な街並みではあるが、なんだか居心地は悪くない。

EVOKEさんで髪を切る。

髪を切って気分も良くなったし服でも買おうかな。

お気に入りが見つかり、買い物袋を手にけやき通りを歩いていると欧米人がチラホラ居る小洒落たカフェが。

ちょっと寄っていこうかな。そんな休日。

煙を吹かしながら、そんな妄想をしていた。(写真はイメージです)

悪くないな表参道も。

 

EVOKEには「感情を呼び起こす」という意味があるらしい。

僕の眠っていたおシャレ心も呼び起こされてしまったのかもしれない。

 

とりあえず帰ったら髭を剃るところから始めようかな。

 

 

 

【お問い合わせ】

>>EVOKE TOKYOの予約はこちら

>>取材依頼のお問い合わせはこちら!

NOMAL運営チーム
Posted by:NOMAL運営チーム

株式会社NOMALのサイト運営チームです。 主にプレスリリースの配信やニュース更新をしています。 中の人がどんな人かは内緒。