メンバー

NOMALに働き、NOMALに生きるメンバーのご紹介

大学時代のインターンシップで出会った3人で企業をした会社がNOMAL。一見それぞれのキャリアは違い、立ち上げている事業も違いますが、すべては「自分の人生に期待できる」社会をつくるために活動してきました。そうして今、ここには自分の人生に誰よりも期待しているメンバーばかりが集まっています。

代表取締役 採用コンサルティング事業責任者

松本 祥太郎

SHOTARO MATSUMOTO

1987年7月10日 青森県八戸市生まれ。
法政大学経済学部を卒業後、株式会社マイナビに入社。
新卒採用事業部にて法人営業を担当し、新人賞をはじめ、全国新規契約者数第1位、プレーヤー賞金賞など多数受賞。大手企業から中小企業まで、のべ150社以上の法人向け採用コンサルティングで実績を残す。

2015年7月、株式会社NOMALを設立し、代表取締役に就任。採用コンサルティング事業の責任者として、中小企業を中心に、多くの企業を採用成功に導く。今後、Reme・WASABIの全国展開と、採用コンサルティング活動の連携し、入社させた社員が長く活躍できる仕組みづくりを拡大中。

「自分に期待できる人を増やす」というビジョンを掲げ、誰もが生きたいように生き、働きたいように働ける世の中づくりを目指している。

個人ブログはこちら!

取締役 Reme事業責任者

近藤 雄太郎

YUTARO KONDO

1987年6月7日 東京都杉並区生まれ。
偏差値35の私立中学にて卓球部員として暗黒時代を過ごす。その後、明治大学付属中野高等学校に入学。なぜか硬式野球部員に。明治大学政治経済学部政治学科に入学。

大学時代、自分の苗字をもじってコンドームと馬鹿にされていた中学時代を思い出し、東南アジアでコンドームを配り歩く(あくまでエイズ撲滅ボランティアの一環)。

大学卒業後は、株式会社日立製作所に入社し、鉄道会社に対する営業を担当。その後、株式会社リクルートコミュニケーションズに移り、結婚情報誌「ゼクシィ」の広告制作に従事。

2015年7月より(株)NOMALの設立メンバーとして取締役に就任。オンライン相談サービス事業「Reme」の運営責任者。

取締役 WASABI事業責任者

平山 美聡

MISATO HIRAYAMA

1988年2月2日 東京都町田市生まれ。
好きな食べものは餃子とシメサバ。嫌いな食べ物は甲殻類。小学校時代は一輪車部に所属。趣味は釣りで、サバを釣ったときのためにガスバーナーを自分で購入。

慶応義塾大学環境情報学部を卒業。2010年4月に株式会社資生堂へ入社し、いろいろやって、株式会社NOMALに入社。

2016年4月より(株)NOMALの設立メンバーとして、アートEC事業「Wasabi」、オフィスインテリア事業「Wasabi art design」事業の運営責任者。

執行役員 人材紹介事業責任者

山崎 晃平

KOHEI YAMAZAKI

1985年生まれ。
早稲田大学社会科学部卒業後、ベンチャー·リンクに入社。
営業を経て24歳で最年少マネージャーとして経営者向けWebサイトの立ち上げに携わる中、経営悪化により1年で従業員数半減、上場廃止(のちに民事再生)を経験。

その後リクルートコミュニケーションズで広告制作ディレクター、リクルートキャリアで人材営業に携わりながらダブルワークで事業を開始。2015年6月、キャリアラインを設立し転職・起業向けOB訪問サイトCareerLineをリリース。翌年、人の魅力に特化した採用ブランディングツールHumanismを開発。

2016年7月にリクルートを退社し採用分野を専門に独立。2018年よりNOMALに参画。

エンジニア

塙 克樹

KATSUKI HANAWA

1993 年11月21日生まれ。 早稲田大学基幹理工学術院修士卒
研究室で HCI の研究をしていた。卒論で行った研究では学会賞を受賞している。また、趣味でプログラミングをしている。ハッカソンに積極的に参加し、何度かの受賞を経験していた。その延長でカンファレンスでの登壇経験もある。かなり活動的にいろいろ行動している。とにかく、プログラミングでも電子工作でも、作ることが好き。

株式会社 NOMAL を知ったきっかけはメンタルヘルス系サービスを調べていて、Reme を見つけたとき。そのあと、いきなり facebook で松本さんと近藤さんにメッセージを送った結果、2017年6月からインターン。 2018年4月よりNOMAL初の新卒社員として入社。

プログラミング以外だと、イラストが趣味。特技はピカチュウを描くこと。

総務

吉田 朋哉

TOMOYA YOSHIDA

1988 年2月18日生まれ。
青森県立八戸南高等学校卒業。小学校時代はランドセルにジュビロ磐田のシールを貼って登下校。そのシールを破られたことが人生で1番怒ったこと。

前職は、ガソリンスタンドでアルバイトをした後、サバの仕分けをする会社へ入社。マサバとゴマサバを毎日永遠に仕分ける業務に従事。

その経験を活かし、NOMALの総務担当として2018年4月より中途入社。主に燃えるゴミと燃えないゴミの仕分け、商品の発送作業、掃除、洗濯、電球替え、備品管理などのオフィス環境整備を実施。

インターン

中村 有里

YURI NAKAMURA

1996年5月10日生まれ。
東京大学文学部行動文化学科社会学専修3年。
大学1年時にたまたまボランティアとして参加したネット依存のキャンプがきっかけで、精神疾患治療やメンタルヘルスケアに興味を持ち始める。また関連して、ひきこもりや不登校などといった課題にも関心を持つ。

趣味は音楽に触れることで、幼少期のピアノやヴァイオリンの経験をはじめ、高校では軽音楽部、現在は大学のアカペラサークルにて積極的に活動している。 父親の海外赴任で小学校の3年間をアメリカで過ごしたことを機に、人との関わりは常に「広く、深く」を目指す。

SVP東京のホームページで会社の名前を見て、インターンを希望。2017年11月から開始。

インターン

林田 杏

ANZU HAYASHIDA

1993年10月6日生まれ。城西大学薬学部薬学科卒業。
がんの研究をするつもりで入った研究室で、なぜか訪問薬剤師の研究をした。 大学在学中に適応障害を発症し布団から出られなくなるものの、ミラクルが起きて卒業試験に合格。

メンタル不調時に近藤さんのインタビュー記事からRemeおよびNOMALを知り、「私も自分の人生に期待できる人間になりたい」と感動。 深夜にもかかわらず長文メールを送り付け、インターンになる。

趣味はアニメ・舞台の鑑賞およびそれらに関する考察記事を読むことと、紅茶専門店でまったりすること。 特技はジャズダンスと朗読。椎名林檎が好きで、彼女の曲を流しながらお弁当を作るのが日課。

来世はわかめになりたい。

インターン

小貫 光

HIKARI ONUKI

1996年3月18日、日本生まれブラジル育ち。
武蔵野美術大学基礎デザイン学科3年生。
自由気ままに生きるために日々努力をしている。音楽が大好きで、大学ではジャズ研究部に所属している。デザイン活動を通して、よりよい社会を作れるようになりたいと考えている。

母親がブラジル人で父親が日本人。高校は、自由がモットーの和光高校に通った。そこで自分で自分の価値を見出すことを覚えた。

「暮らしを、アートに」というwasabiの活動にとても共感を覚えて、インターンを始めた。